教員紹介

蒲原聖可健康食品(サプリメント) / 食事療法

蒲原聖可

神奈川歯科大学 特任教授
森ノ宮医療大学客員教授。
高知県生まれ。徳島大学医学部卒業、同大学院修了。医師。医学博士。
米国ロックフェラー大学、東京医科大学、健康科学大学を経て、現職。
DHC 特別研究顧問として、サプリメント・機能性食品成分の適正使用の啓発や、官民連携による健康寿命延伸のための課題解決型保健事業の推進など、サプリメントの利活用を介して社会課題解決に向けた取り組みを行った。現在、アカデミアと臨床の現場で、健康長寿社会の実現のための社会実装研究を進めている。
 
著書(単著)
『新型コロナの栄養療法:最新エビデンスに基づく予防法と後遺症対策』『ビタミンMが認知症と脳卒中を防ぐ!』『不育症・早産・産後うつ病・児の自閉症を防ぐビタミンMの効果!』『ヘルシーエイジングに役立つサプリメント・健康食品』(以上、医学と看護社)、『サプリメント・健康食品HANDBOOK』(新興医学出版社)、『サプリメントと医薬品の相互作用ハンドブック』『EBMサプリメント事典—科学的根拠に基づく適正使用指針』『サプリメントと医薬品の相互作用 診療マニュアル』『医療従事者のためのEBMサプリメント事典』(以上、医学出版社)、『サプリメント事典 第3 版』 『サプリメント小事典』『 ベジタリアンの医学』(以上、平凡社)、『代替医療』『ダイエットを医学する』(以上、中公新書)、『ナチュラル系サプリメント』(講談社)、『なぜ太るのか やせるのか』(ナツメ社)、 『からだのしくみ』(日本実業出版社)、『ファイトケミカルで病気を防ぐ』(マキノ出版)、『肥満とダイエットの遺伝学』(朝日選書・朝日新聞社)、『ベジタリアンの健康学』(丸善・丸善ライブラリー)、『ヒトはなぜ肥満になるのか』(岩波書店・岩波科学ライブラリー)、『肥満遺伝子』(講談社ブルーバックス)、『ときどきベジタリアン食のすすめ』(日本評論社)。
 
主要原著論文
Nature, 389:374-377. PNAS, 92:1077-1081. Diabetes, 48:1264-1269. Methods Inf Med. 41:202-8. Free Radic Biol Med. 35:826-832. Hum Mol Genet, 16:3017-26. J Hum Genet, 53:546-53. J Biol Chem. 271:26561-8など。